令和3年 新年のご挨拶

あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。

昨年はコロナ禍にまみれた1年となりました。感染には万全の注意をご協力頂かざるを得ず、

可能な方法での面会は仕方ないとは言え、ご本人、ご家族にとっては少なからず寂しい思い

をされていることと存じます。今年は元の世界に戻ることを切に願いたいと思います。

年末から降り続いた雪は50cm程度積もったでしょうか・・2年ぶりのまとまった雪のある勝

山らしい元旦の朝を迎えました。皆様には、暖かく穏やかに過ごして頂き、心ばかりのおせ

ち料理とおぞう煮を召し上がって頂きました。

ところで、今年の干支は「丑」です

牛といえば、のんびりとした姿が思い浮かびますが、一方で、昔から私達人間の労働力の担

い手としてよく働き、その姿は「誠実さ」も象徴しています。その印象からも、丑年は、

「耐える」「これから発展する前触れ・芽が出る」年になるといういわれがあるそうです。

着実に忍耐強く進めた対策の光が広がり、きっと今年はコロナに打ち勝つと信じたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

令和2年度文化祭(本館)